ベジママは多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善効果はある?

最近話題のベジママはピニトールという成分が配合されています。

 

血糖値を下げたりすることで体質改善していくことで、妊娠しやすい体を作るとともに、多嚢胞性卵巣症候群を改善できるものです。

 

時間はかかりますが焦らず様子を見ましょう。

 

 

 

多嚢胞性卵巣症候群とベジママの関係は?

 

 

多嚢胞性卵巣症候群は原因がよくわからないものです。

 

人によって違いますが、おそらく肥満や冷え性、ホルモンバランスが不安定などといった体質ではないかと言われています。
原因が特定できない方もいますね。

 

ベジママに含まれているピニトールは海外で多嚢胞性卵巣症候群の治療に使用されているものです。
そのため一定の効果があるのではないでしょうか。

 

もちろん使用する方の体質にもよりますので、病院で検査して血糖値が高い、肥満傾向にあると言われたなら試してみる価値はあると思います。

 

ピニトールって何?

 

ピニトールは大豆やルイボスティーなどに含まれているものです。
ベジママのピニトールはアイスプラントという野菜由来のものを使用しています。

 

アイスプラントは市販もされていますが、必要量を摂取するにはかなり大量に食べないといけませんので、サプリを利用した方が効率的でしょう。

 

体質改善も大事です!

 

もちろんピニトールだけを飲んでおけばなおるといったものでもないので、体質改善の努力はするべきでしょう。

 

特に女性は冷え性が悪化すれば生理の周期が乱れたり、不眠の症状が出たりと何かと影響が出やすいため、食事や飲み物を工夫してみたり、適度に運動やストレッチを取り入れてみたりといったことを取り入れてみて下さい。

 

多嚢胞性卵巣症候群だから絶対に妊娠できないということではありません。

個人の努力だけでは改善されない場合は病院でホルモン剤を使った治療を行うこともできます。

 

体質改善には時間がかかるとは思いますが、病院で検査や治療、相談を行うことで焦らずに取り組んでいって下さい。
治療できない病気ではありません。

 

早期発見することで治療の費用も抑えることができるので、まずは検査で状態を確認することが必須ですね。